EXIT


EXIT(イグジット、イグジィット)は、りんたろー。と兼近大樹で結成された日本の男性お笑いコンビ。吉本興業(東京吉本)所属。2017年12月に結成。霜降り明星、四千頭身、かが屋らと同じくお笑い第七世代の一つに数えられる。現在はヨシモト∞ホールを中心に活動中。 ベイビーギャングを解散した後、ピン芸人と
25キロバイト (2,766 語) - 2020年8月2日 (日) 07:15



(出典 fashionbox.tkj.jp)


まぁ商品イメージもありますが
CMに売れっ子を出すのも一つの戦略でしょうね

1 フォーエバー ★ :2020/08/09(日) 19:16:23 ID:CAP_USER9.net

渋谷系ネオチャラ男コンビ『EXIT』が、8月10日から『ハーゲンダッツ』の新CMに出演することが分かった。意外な人選に、驚きの声が続々と上がっている。

5日に公式YouTubeにて更新されたメーキング映像では、兼近大樹が『ハーゲンダッツ』の思い出として「初めて食べたのは、小学校の給食なのよ」と意外な過去を告白。すると、相方のりんたろー。は「ウソだね!?」とツッコミを連呼しつつ、「そんな『ハーゲンダッツ』さんのCMをやらせてもらえるなんて、エモいね」と感慨深く話すのだった。

『EXIT』とハーゲンダッツは相性が悪い!?

「同社はこれまで、?大人の高級アイスクリーム?というイメージ戦略のため、歴代CMキャラクターには真矢みきや柴咲コウ、中条あやみといったそうそうたる女優陣を起用しています。今回『EXIT』が起用されたのは主に20代女性からの人気を期待してのことでしょうが…」(芸能ライター)

今までの人選からあまりにもギャップがあり過ぎたのか、ネット上では、

《ハーゲンダッツってちょっと高級感あるアイスだったのに、この起用は違う》
《柴咲コウ、中条あやみときてナゼEXITなのか知りたいわ アンチとかじゃなくハーゲンダッツの雰囲気に合ってなさ過ぎる》
《高級感がダダ下がり…》
《とりあえずハーゲンダッツのイメージではない》

など、疑問の声が噴出。また、兼近の過去に起こした不祥事事件を引き合いに出し、

《どういうキャスティングしようが企業の勝手だが、犯罪に対してそういう意識の企業なんだなって思う》
《どういうマーケティングしたらこうなるんだろう》

などと、不満に思っているような意見も投げつけられていた。

過去の同様の例として、ヘアスタイリングブランド『リーゼ』のイメージキャラが石原さとみから指原莉乃へ、コスメブランド『SK-?』では綾瀬はるかから渡辺直美に変更され、批判的な多く声が上がっていた。もはや時代は高級志向ではなく、一般層に合わせたカジュアルさが優先されるのかもしれない。

2020/08/09 19:01
https://news.nicovideo.jp/watch/nw7847556?news_ref=50_50


【【EXIT】ハーゲンダッツの新CMに出演するも不満噴出する・・・・【芸能・ニュース】】の続きを読む


兼近 大樹(かねちか だいき、1991年〈平成3年〉5月11日 - )は、日本のお笑い芸人。お笑いコンビEXITのボケ担当。立ち位置は向かって右。本名同じ。別名義かねちぃ。 北海道札幌市北区出身。身長172cm、体重60kg、血液型O型。吉本興業東京本社所属。 東京NSC19期生。
9キロバイト (1,088 語) - 2020年7月26日 (日) 02:23



(出典 pbs.twimg.com)


ちょっともったいない気はしますね
今出られるときに出て
少し落ち着いてきてから本を書くのも良いと思うけどね・・・

1 ひかり ★ :2020/08/09(日) 20:18:18 ID:CAP_USER9.net

 EXITの兼近大樹が、8月8日、YouTubeチャンネル『兼近が自身の今後について語っています。』で重大発表をおこなった。

 インスタライブでおこなった生配信をYouTubeに投稿したもので、兼近は「8月からスケジュールを緩くしてもらってるんですよね。8月の収録が少なくなって、9月、10月は露出は減っていくんです」と発表。

「俺のわがまま」として「本を書いてるんです、今。ずっと書きたいと思ってた本を執筆ヒュイゴーしてまして」と明*。

 内容については「過去の兼近がやってしまった話とかを全部事細かく俺の口から書きます。そのための取材も8月中に入れてて、当時そういうことに関わってしまった人たちに話を聞きに行く」と半生を語るものになるという。

 自分の言葉だけでなく、周囲の人々の思いも組み込み、「俺だけの持論になっちゃう場合もあるじゃん、それはイヤだから。ちゃんと当事者と話をして、全部書きたいなと思ってて」と他者の視点も入れるよう配慮。

「濁さなきゃいけないことも濁さないで書く」としつつ、あくまで「自伝的小説」で、「何か言われても『小説ですやん』って言える」との形式になる模様。

 半生の中でも「幼少期の部分を厚くする」と、家庭環境、学歴格差の問題にも踏み込み、中学校から不良になった自身の経験から「今、お母さんだったら自分の子供がその道に行かないようにするには、どういった愛情を注いで、どういった教育をしていくのかも、俺は伝えられたりするんだよね」と子育てにも役立つ本にしたい意向を示した。

「自分のため、自分の利益、自分の言い訳のために出す本じゃないから、俺が出すのは何か誰かのためになる本。退屈な日常からのEXIT、脱出になる本」と気炎を上げる。

 発売日は、スケジュールの関係で難しいかもしれないとしつつ、2021年5月11日の30歳の誕生日を希望。

「明るく前向きになれる本」を求める声に、兼近は「暗い部分もある。それ含めて俺だから。俺は闇の世界を生きてきて、突然光に来た。暗いところからいきなり電気つけたほうが明るい気がする。暗い話ももちろんあるかもしれないけど、それは今ある明るい部分の兼近へのフリだと思って読んで」とメッセージ。

 ファンに向けて「露出の方は減ってるかもしれないけど、別になんかあったわけではないので。ただ俺がやりたいことに走り出した、それだけなんで気にしないでください」と笑顔。

「本が書き上がるまではガチガチと頑張っていきたいです」と新たな挑戦への意欲を見せた。

 過去の自分と向き合い、書籍出版を決めた兼近。ビッグウエーブを巻き起こすことになりそうだ。

FLASH

https://news.yahoo.co.jp/articles/8fa17cdec1035400fb8c063699ad5194d1bb05ab


【【EXIT兼近大樹】今後は仕事量セーブして本格的に本を書く・・・【芸能・ニュース】】の続きを読む


EXIT(イグジット、イグジィット)は、日本のお笑いコンビ。吉本興業(東京吉本)所属。2017年12月に結成。霜降り明星、宮下草薙、四千頭身らと同じくお笑い第七世代の一つに数えられる。現在はヨシモト∞ホールを中心に活動中。 ベイビーギャングを解散した後、ピン芸人としてオネエ漫談で活動していたりんたろ
30キロバイト (3,249 語) - 2020年6月30日 (火) 16:18



(出典 fashionbox.tkj.jp)


この人たちのネタは見たことが無いのですが
面白いのだろうか?
なんとなくイメージができますが…

1 jinjin ★ :2020/07/02(Thu) 00:16:59 ID:0UJ6iW4G9.net

若手トップに躍り出たEXIT 過去の「チャラ芸人」を一掃した“才能”


コロナ禍で芸能界でもとくに大きな影響を受けたといわれるお笑い芸人だが、逆に評判を上げた芸人もいる。

その筆頭はEXITだろう。
昨年から「第7世代」の芸人たちがクローズアップされるなか、「M-1グランプリ2018」で優勝した霜降り明星が同世代の牽引役とされてきた。

しかし今、ふたをあけてみれば第7世代の中心はEXITの2人になりつつある。


「総合的に見たら霜降り明星は別格です。ただ、タレント力というかお客さんを引っ張る力で現状トップにいるのはEXITですね。吉本の男前・ブサイクランキングに両方でノミネートされたり、女性人気も抜群に高い。
見た目や態度とは裏腹に、ネタも丁寧に作り込まれており、お笑いファンも満足させています。バラエティ番組で『実はいいヤツ』『実はオジサン』などフリオチがつくキャラクターもわかりやすくて、制作サイドにとっても使いやすい存在だと思います」(放送作家)


そんなEXITの兼近大樹(29)が「ワイドナショー」(フジテレビ系/6月21日放送)に出演し、ジャニーズ事務所を退所した手越祐也(32)に言及。
「チャラ兄さんとして慕っていた」と発言し、話題となった。EXITといえば、ネオパリピを自称し、チャラ芸漫才が売りのコンビだ。
「ナイトプール」などチャラい若者用語を用いながら、うまくネタを重ねて舞台でもしっかり人気をつかんでいる。

「EXITのチャラ芸の源流はもともと、りんたろー。が組んでいたコンビ・ベイビーギャングの相方、北見寛明が作った流れです。北見さんは不祥事により事務所を解雇され、
今はオフィス北野(現・株式会社TAP)に所属してピンで芸人活動を再開しています。身長190センチ以上あるイケメンでまさにパリピ感ありますね。2人でやっていたのが、チャラさ自慢をするネタだったんです」(同)
 
既存のチャラ芸を高度に完成させたからこそ、今のEXI人気があるのだ。
では、もともとチャラ芸のルーツはどこにあるのか。


「ちょうど2000年頃にM-1のお笑いブームを経て、テレビで次々とネタ番組が放映されはじめました。そこに渋谷系漫才としてM-1の決勝進出したトータルテンボスあたりが昨今の流れの源流なのかなと思いますね。
トータルテンボスは『半端ねぇ~』『〇〇つかまつるなよ』など、いかにもな若者言葉をディフォルメにしてネタにしていた。本人たちのパーソナリティもあり、うまく笑いに変えていました」(同)

お笑い評論家のラリー遠田氏はチャラ芸人が生まれた背景についてこう解説する。

「そもそもチャラいという概念が生まれたのは、1990年代後半の『ギャル男』ブームの頃でしょう。この時期に『egg』『Cawaii!!』などのギャル雑誌が創刊され、若い女性の間でギャル文化が花開きました。
それに続くような形で男性版が誕生したのです。同じく90年代に全国的なスターになったダウンタウンの松本人志は、ストイックに笑いの道を貫く求道者のように思われていました。
頭を丸坊主にしたことで、ますますそのイメージは強まりました。そんな松本の影響で、お笑い界では長い間、一心不乱にお笑いだけに向き合うことが正しい芸人のあり方だと思われていました。
その後、チャラい芸人が出てくるようになったのは、この風潮の反動ではないかと思います。お笑い界の空気に逆らってあえてチャラチャラした言動をすることが革新的に見えたのです」


■狩野英孝やぺこぱも元々チャラ芸人

 以降、チャラ芸をネタにする芸人が多数出現。
パラパラをしながらネタをする慶や、「オシャレが止まらねぇ~!」というネタで有名になったサカイストのほか、狩野英孝も元はホストキャラでやっていた。
お笑いトリオ・パンサーの菅良太郎(38)も最近、昔ハマったパラパラを披露し、動画が話題となっている。第7世代で言えば、お笑いコンビ・きつねは、パリピ的な音楽で「ふぉー!」と絶叫するネタで人気を博している。

また、大ブレークしているぺこぱも、売れるまでさまざまなキャラを試行錯誤してきており、一時はチャラ芸に手を出していた。

さまざまな芸人がチャラ芸を売りにしているが、EXITのように成功するポイントはどこにあるのか。

全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/7432d419eb3bfba0a1385db21b16900468b3b5ca?page=1


【【第7世代】お笑い若手トップに躍り出たEXIT 過去の「チャラ芸人」を一掃した才能… 【芸能】】の続きを読む

このページのトップヘ