竹内結子


竹内 結子(たけうち ゆうこ、1980年4月1日 - 2020年9月27日)は、日本の女優、ナレーター。埼玉県浦和市(現さいたま市南区)出身。所属はスターダストプロモーション。夫は俳優の中林大樹。 中学校を卒業してすぐの春休み、原宿でスカウトされ現事務所に所属する。 1995年(平成7年)、大蔵省(現財務省)のCMでデビュー。
40キロバイト (4,571 語) - 2020年10月11日 (日) 04:57



(出典 asagei.biz)


負担を押し付けるのは良くないが
期待はしてしまいますね・・・

1 爆笑ゴリラ ★ :2020/10/11(日) 08:38:05.79 ID:CAP_USER9.net

10/11(日) 8:12
スポニチアネックス

竹内結子さん突然の訃報 モデル体形長男は芸能界に興味も
竹内結子さん
 【芸能 覆面座談会】トップ女優竹内結子さん(享年40)の突然の死に悲しみが広がった芸能界。7月に他界した三浦春馬さん(享年30)とともに、その人柄からしのぶ声がやみません。ほかには少年隊の錦織一清(55)、植草克秀(54)のジャニーズ事務所退所の発表、女優石原さとみ(33)の結婚などさまざまなことがありました。いつもの覆面メンバーが芸能ニュースの裏側に迫ります。

【写真】竹内さんが最後に投稿したインスタグラムの画像

 ワイドショーデスク 芸能界でまた悲劇が起きてしまった。竹内結子さんの突然の訃報は衝撃的だった。

 スポニチ本紙デスク 一報が飛び込んできたのは9月27日早朝。にわかには信じられず耳を疑ったよ。

 芸能リポーター 昨年2月に俳優の中林大樹と再婚し、今年1月に第2子の次男を出産。9月1日には即席麺「サッポロ一番」のPRイベントで元気な姿を見せたばかりだったから、何かの間違いとしか思えなかった。

 週刊誌記者 仕事やお金に困っていたとは思えない。愛する家族に囲まれ幸せにあふれていたはずなのに…。「どうして」という言葉しか出てこないよ。

 本紙デスク 亡くなった日の直前も、竹内さんは家族と普段通り過ごし明るく会話していたそうだ。それが一人になってから、わずか1時間後に寝室で変わり果てた姿で見つかった。家族が受けたショックの大きさは計り知れない。

 リポーター ご遺体が斎場に運ばれ荼毘(だび)に付されるまでの4日間、家族はずっと竹内さんに付き添っていたそうだ。心中を思うと言葉もないよ。

 ワイドデスク 心配なのは2人の子供。次男は生後8カ月の乳飲み子。長男もまだ14歳でしょ。誰が養育していくのだろうか。

 週刊誌記者 長男は中林の実子ではないけど、中林はほかの人に預けず自分で育てていくと決めたそうだ。長男も中林のことを凄く信頼していて、竹内さんとの結婚前から彼を「パパ」と呼んでいたぐらいなんだ。

 リポーター 俳優業と育児の両立は大変だろうけど、中林は親族のサポートを受けながら、シングルファーザーとして2人の息子を育てていくつもりなんだろう。頑張ってほしい。

 週刊誌記者 長男が芸能界に興味があるという話もある。竹内さんの面影がある顔立ちに、スラリとしたモデル体形でなかなか格好いいんだ。

 ワイドデスク 竹内さんはトップ女優になった後も飾らない気さくな人柄で、みんなから愛されていた。所属先の大手芸能事務所「スターダストプロモーション」のスタッフからも随分慕われていた。長男が芸能界入りすれば喜ぶ人も多いんじゃないかな。

 本紙デスク シリアスからコミカルまで幅広い役柄を演じる実力派だった竹内さん。その遺志を継いで、長男がドラマや映画で活躍する日が来るとうれしいね。


(出典 amd.c.yimg.jp)


https://news.yahoo.co.jp/articles/26f13bc5a246bcb7b50c768557ea37ac55150d76


【【期待?】竹内結子さん突然の訃報 モデル体形長男は芸能界に興味も 【芸能・ニュース】】の続きを読む


福田 (ふくだ もえ、1985年(昭和60年)6月5日 - )は、日本のタレント。結婚前の本名は芸名と同じ。 夫はオリエンタルラジオの中田敦彦。 岩手県出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(エキサイティング・トリガー)所属。 岩手県岩手郡滝沢村(現:滝沢市)生まれ。盛岡中央高等学校を経
22キロバイト (2,619 語) - 2020年7月19日 (日) 03:25



(出典 www.sanspo.com)


無理に結びつけるのが問題・・・
これはこれで良いのでは?

1 jinjin ★ :2020/10/01(木) 00:08:41.46 ID:CAP_USER9.net

竹内結子さんの死に便乗?
福田萌の“宣伝”に批判「悪質だ」


タレントの福田萌が9月27日、自身のツイッターを更新。
ネット上では、とある行為をめぐり、逝去した女優・竹内結子さんに〝便乗〟していると厳しく指摘する声があがっている。

現在、7歳長女と3歳長男の2児の母である福田。
今回、《ずっと前のだけど、これをまたシェア!》として、「産後うつ」についてつづった記事をシェアした。

その記事は、第一子出産時に育児ノイローゼに陥りそうになっていた福田にとって〝救世主〟とも言うべき、東村アキコ氏の漫画『ママはテンパリスト』を紹介したもの。


育児に疲れた親たちを笑わせるような育児エッセイで、この本について福田は《肩の力を抜いて、誰かにいっぱい話しを聞いてもらって。そうやってなんとか、育児と自分の心とのバランスをコントロールしてきました》と回顧。
さらに、コロナ禍での育児について、《コロナは日々これまでとは違う神経を使わなきゃいけないから精神的に辛いよね。さらに産後で、ホルモンバランスが崩れているときに、この状況の産後ママは想像を絶する》と難しさを語りつつ、《いま産後のお母さん、一人一人に頑張ってるね、っていいたい》と寄り添っている。


「絶対に今ではない」

「先ごろ逝去報道のあった竹内さんは、今年1月に第2子を出産したばかり。遺書なども見つかっていないため、世間ではその動機について、さまざまな憶測を呼んでいます。しかし、その一方、本人が抱いていた悩みは苦しみを他者が勝手に〝憶測するのはやめよう〟との意見もあります」(ネットメディア編集)


そんな中、自身の経験やおすすめの漫画を宣伝した福田に対し、ネット上では

《デリカシー…》
《何乗っかってるんだよ》
《発信の内容として、絶対に今ではない》
《このタイミングでコメントしても叩かれるの分かるだろうに そこまで時勢に盲目になってるのか? それともわざとか?》
《産後うつって勝手に言ってるだけなのにそれに便乗するとか軽率すぎるわ》
《はい乗っかった~ このタイミングは悪質だわ~》

などとドン引きの声が続出している。


良かれと思ってした行動だったとしても、せめて数日待つことはできなかったのだろうか…。


https://myjitsu.jp/archives/134477


【【竹内結子さんの死に便乗?】福田萌の“宣伝”に批判「悪質だ」「絶対に今ではない」 【芸能・ニュース】】の続きを読む


竹内 結子(たけうち ゆうこ、1980年4月1日 - 2020年9月27日)は、日本の女優、ナレーター。埼玉県浦和市(現さいたま市南区)出身。最終所属はスターダストプロモーション。夫は俳優の中林大樹。 中学校を卒業してすぐの春休み、原宿でスカウトされ現事務所に所属する。 1995年(平成7年)、大蔵省(現財務省)のCMでデビュー。
39キロバイト (4,486 語) - 2020年9月27日 (日) 14:40



(出典 www9.nhk.or.jp)


確かにこれは必要ですね
最近多すぎる・・・

1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/29(火) 06:25:57.12 ID:CAP_USER9.net

2020年09月29日 05時15分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2229150/

(出典 img.tokyo-sports.co.jp)


 女優の竹内結子さん(享年40)が急死した衝撃は、まだまだ収まりそうにない。緊急事態とも言える状況に「芸能界にも〝駆け込み寺〟のような相談窓口が必要」との声が高まっている。これまでは芸能人の悩みについてもマネジャーに任せきりにする状況があったが、マネジャーの負担が大きいうえ、専門家ではないため根本的な解決には程遠かった。そこで専門の医療機関と提携し、芸能人が悩みを相談できる機関を作ろうとの動きが出ているという。


 竹内さんとの共演が多かった俳優・石黒賢は28日、フジテレビ系「とくダネ!」で「本当に残念」と涙を流した。注目されたのは次の発言だ。

 芸能人の仕事について「病院に行きづらい、行きにくいという面があって…」と、世間に知られているからこそ心療内科などを敬遠する心境を吐露。

「特有の悩みってあるんです」

 また「米国ではショービズの人間でも気軽にカウンセラー、相談できる人がいたり」と海外のケースを例示。日本の芸能界でも「悩みを打ち明けられるシステムができたら」と訴えた。

 元衆院議員でタレントの杉村太蔵は同日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、日本人の〝国民性〟について「〝心療内科に通っているんです〟とか〝今、精神科で診てもらっているんです〟っていうことをなかなか言えない」と指摘。「メンタル的に弱って心療内科に行くのは当たり前だということをもう少し広める必要があるのでは」と話した。

 一般人でも心療内科や精神科を避けているだけに、芸能人はなおさら足を運びづらいだろう。

 芸能界では三浦春馬さん、芦名星さん、藤木孝さん、そして竹内さんが立て続けに急逝。いずれも自殺とみられる。こうした事態を受け、芸能事務所が垣根を越えて相談窓口を開設する機運が出ているという。芸能人専用の「いのちの電話」ならぬ「いのちの窓口」を作るべきというわけだ。

「事務所ごとではなく、いくつかの大手事務所が主導して、すべての芸能人が悩みを相談できる受け皿を作ろうと声が出ています。メンタルケア専門の医療機関の協力を得る案みたいです。これまで芸能界では、あらゆる面をマネジャーに任せきりにしてきた傾向があったけど、精神的なケアまでは厳しい。きちんとした知識を持った専門家の力が必要です」(同)

 実際に、ある中堅芸能プロ幹部は「コロナ禍に加え、俳優が次々と亡くなったことで精神的に不安になるタレントが急増している」と明*。

「マネジャーなど事務所スタッフが3~4時間も相談に乗っている現実がある。僕に涙ながらに電話をしてきたタレントもいて、『死にたくなってしまって…』と不安を明かしていた。『こんなに素直に話したことは初めて』と言われて、心のケアをおろそかにしてきたのかも…と反省した」

 ただ、マネジャーの精神的な負担も増しており、疲弊したスタッフの退職も増えているという。マネジャーはマネジメント業務が中心で、タレントの心のケア部分に関しておろそかにしてきたことは否めない。

「もちろん個人的に相談に乗ったりすることはあるが、マネジャーも多くのタレントを抱えて余裕がないのがほとんど。しかも、心のケアの専門家ではないため『やるしかない』『踏ん張らないと売れない』などと根性論を持ち出すことが多かった。精神的に潰れた子には『芸能界に向いていない』と失格の烙印を押したり、心のケアを大切にする発想があるとはいいがたい土壌です」(前同)

 竹内さんもこれまで、〝強い女性〟とみられていた。

「事務所幹部が、ブレーク前の竹内さんに対して〝絶対売れる〟と確信していたのは知られた話。いい意味で我が強く、自分を持っていた。そんな竹内さんが亡くなったのは信じられないが、深い悩みがあっても、専門家に相談できれば違ったかもしれない」(知人)

 また信心深い芸能人も少なくない。中には占い師などスピリチュアルに走るケースも少なくないが、やはり専門の医療機関で対応することがベターだろう。芸能界が総力を挙げてケアする必要がありそうだ。


【【竹内結子さん死去】緊急事態の芸能界いのちの窓口開設の動き 【芸能・ニュース】】の続きを読む


草彅 剛(くさなぎ つよし、1974年〈昭和49年〉7月9日 - )は、日本の俳優、声優、歌手、司会者、YouTuber。男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。愛媛県生まれ、埼玉県出身 の春日部市育ち。なお、名字の「」は日本の国字および特殊文字。株式会社CULEN所属。
178キロバイト (27,050 語) - 2020年9月27日 (日) 07:58



(出典 img.tokyo-sports.co.jp)


悲しすぎますよね
何故、どうして・・・

1 ひかり ★ :2020/09/27(日) 16:09:20.94 ID:CAP_USER9.net

 俳優・草なぎ剛(46)が27日、都内で、主演映画「ミッドナイトスワン」の公開記念あいさつに登壇。イベント後に取材対応し、共演作が多かった竹内結子さんの突然の死に「現実として受け止められていない」と沈痛な思いを語った。

 竹内さんは27日未明、都内の自宅で家族が首をつった状態であったのを家族が見つけ、119番。搬送先の病院で死亡が確認された。現場の状況から自殺とみられ、警視庁が詳しい経緯を調べている。

 草なぎはスマホのネットニュースで訃報に触れたといい、「今でも現実として受け止められていない状態です。結子ちゃんは一緒に作品を作り上げた仲間なので…。離れてはいても、僕の心の中にある方だったので悲しいです」と沈痛。「まだ整理がつかないので、サヨナラという言葉が言えるときが来たら、自分の心の中で結子ちゃんに話しかけたい」と神妙に語った。

 竹内さんがデビュー翌年の1997年に、草なぎの主演ドラマ「いいひと。」で初共演。草なぎ主演の映画「黄泉がえり」(03年)ではヒロインを演じて、映画「僕と妻の1778の物語」(11年)では夫婦役を好演した。18年のキャノンのCMでは、竹内さんと草なぎの愛犬・クルミちゃんが共演し、草なぎと香取慎吾(43)でCMソングを担当した。

 「『いいひと。』は彼女が初めてのお芝居くらいでしたけど、最初出会ったときからものすごい輝きを放っていた」と回想。「僕と妻の-」の現場では竹内さんが猪肉の差し入れをしたといい、「一緒にしし鍋を作ったのが楽しい思い出。夫婦、恋人を演じさせてもらって、僕が思うに撮影とそうじゃないときの隔たりがなかった。いつも気を使っていただき、僕の方が年上ですが、甘えてしまって。感謝しかありません」と振り返った。

 印象的な共演シーンに挙げたのは、竹内さんが日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞した「黄泉がえり」での、熊本・阿蘇ロケ。「結子ちゃんが演技にかける情熱が素晴らしかった。素敵な女優さんはたくさんいらっしゃいますけど、その中でも特に輝いていたと思います」。在りし日の笑顔を思い浮かべ、突然の別れを悲しんでいた。

デイリースポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/11ff7c77c11aa5e5c7e6badbdf7a0954aa32345d

(出典 i.daily.jp)


【【草なぎ剛】共演多数の竹内結子さん急死に「現実として受け止められない」 【芸能・ニュース】】の続きを読む


【訃報】女優の竹内結子さん死亡 40歳 - 【芸能・ニュース】


竹内 結子(たけうち ゆうこ、1980年〈昭和55年〉4月1日 - 2020年〈令和2年〉9月27日)は、日本の女優、ナレーター。埼玉県浦和市(現さいたま市南区)出身。スターダストプロモーション所属。夫は同じく俳優の中林大樹。 中学校を卒業してすぐの春休み、原宿でスカウトされ現事務所に所属する。
37キロバイト (4,115 語) - 2020年9月26日 (土) 23:54



(出典 gendai.ismcdn.jp)


嘘でしょ!!
なんでなんで?
最近多すぎる・・・

【【訃報】女優の竹内結子さん死亡 40歳 - 【芸能・ニュース】】の続きを読む

このページのトップヘ