佐々木希


佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
52キロバイト (6,429 語) - 2020年8月29日 (土) 06:26



(出典 i.ytimg.com)


正に自然の力
リフレッシュの場は誰しもが必要

1 ひかり ★ :2020/10/05(月) 21:43:09.90 ID:CAP_USER9.net

 女優の佐々木希(32)が5日に自身のインスタグラムを更新し、キャンプを楽しんできたことを報告した。
 佐々木は「富士山を見ながらキャンプ 自然に癒されます」と、日が落ちたあとにバーベキューを楽しむ写真や、自身が横たわってリラックスするショットを添えた。

 この投稿には「自然に癒されながらたくさん息抜きしてくださいね」「めっちゃ可愛い」「自然とのぞみちゃんがサイコ~に美しいです」「肉うまそー」などのコメントが集められている。

報知新聞

https://hochi.news/articles/20201005-OHT1T50133.html

(出典 hochi.news)


(出典 hochi.news)


(出典 hochi.news)


【【佐々木希】キャンプでバーベキュー満喫「自然に癒されます」 【芸能・ニュース】】の続きを読む


佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
52キロバイト (6,429 語) - 2020年8月29日 (土) 06:26



(出典 news.mynavi.jp)


ペーパーご夫妻のようなピンクをイメージしたが違った(^^♪

1 ひかり ★ :2020/10/02(金) 13:45:09.34 ID:CAP_USER9.net

 女優の佐々木希(32)2日が自身のインスタグラムを更新し、全身ピンクのコーデを披露した。

 佐々木は「私は最近pinkカラーを見たり着たりするだけで、気持ちが高まったり癒されたりする事が多くなりました」と告白。「勿論、シンプルなカラーも好きです。朝の気分によって好きなお洋服を選べるのが嬉しい」とつづり、「#大人pink」とタグを付けてブラウスとパンツ、サンダルを淡いピンク色で統一したコーデをアップした。

 この投稿にはフォロワーから「大人っぽい柔らかいピンクが可愛い」「ピンクとてもお似合いです」「のんちゃん何色でも似合うもんね」「かわいいは無敵」などの声が上がっている。
報知新聞社

https://hochi.news/articles/20201002-OHT1T50122.html

(出典 hochi.news)


【【佐々木希】気持ちが高まる全身ピンクコーデを披露「可愛すぎる」「無敵」 【芸能・ニュース】】の続きを読む


佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
52キロバイト (6,429 語) - 2020年8月29日 (土) 06:26



(出典 www.crank-in.net)


生活スタイルが逆になったかな
夫に家庭を任せて妻が稼ぐ
こういうご家庭も世の中には多くあるよね・・・

1 湛然 ★ :2020/09/26(土) 06:15:12.79 ID:CAP_USER9.net

佐々木希、白い首筋が妖艶な横顔を披露 「頑張りすぎないで」と心配も
佐々木希がインスタグラムで、自身がプロデュースするブランド「アンティミテ」の服を着用した写真を披露し「美しい」と話題に
2020/09/25 21:00 星子 しらべぇ
https://sirabee.com/2020/09/25/20162416047/

nozomisasaki_official
https://www.instagram.com/p/CFhJrJTDEzd/

h
(出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)



女優の佐々木希が、公式インスタグラムを更新。自身がプロデュースするワンマイルウェアブランド「アンティミテ(iNtimite)」の服を着用した写真を公開し、美しい姿が反響を呼んでいる。

■真っ白な首筋が色っぽい横顔

佐々木が話題の画像をインスタグラムにアップしたのは、25日。3枚の横顔写真とともに、「#阪急うめた゛ にて ホ゜ッフ゜アッフ゜ストア、昨日から始まっています #iNtimite」と、ポップアップストアの告知文を投稿し、花束の絵文字を添えている。

真っ白な首筋を見せて目を閉じている佐々木は、どこか妖艶な雰囲気。3枚めの画像では、チラリとカメラに視線を送っており、天使のような美しさにハートマークの絵文字が飛び交っている。

■佐々木の「大人の魅力」が炸裂

佐々木の横顔は艶っぽく、「大人な感じ」「大人の魅力が半端じゃない」「すべてが美艶」など、「大人の色気」を称える声が複数見受けられる。

また、夫である渡部建が、不倫騒動で活動自粛しているというころもあり、多忙な日々を送る佐々木に対し「あんまり頑張り過ぎないで」という心配の声も寄せられ、賛同の「いいね」が集まっている。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【佐々木希】白い首筋が妖艶な横顔を披露 「頑張りすぎないで」と心配も 【芸能・ニュース】】の続きを読む


佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
52キロバイト (6,429 語) - 2020年8月3日 (月) 13:25



(出典 img.tokyo-sports.co.jp)


今積極的に活動してますね
とても好感が持てます

1 湛然 ★ :2020/08/24(月) 05:21:41 ID:CAP_USER9.net

佐々木希「仕事も家族も愛を持って」…『anan』で語り尽くす 大人女性の“完璧ボディ”披露
8/24(月) 5:00 オリコン
https://news.yahoo.co.jp/articles/1966923b2db10369702e519393c10f127f17c2bd


 モデル・女優の佐々木希が、9月2日発売の女性グラビア誌『anan』(マガジンハウス)表紙に3年ぶりに登場。中面でも12ページのグラビアを飾り、2日間で計4時間、1万字にも及ぶロングインタビューでは今の心境を余すことなく語り尽くした。

 撮影当日はリラックスした表情で、ふわりと舞う裾が優美な透け感ドレス、ポップなブラトップ&ショートパンツのヘルシーなスタイル、肩から腰にかけての柔らかなボディラインに沿う艶やかなミニドレスなど、テイストの異なる5つのコーディネートを見事に着こなし、大人の女性の持つ多面体の魅力を見事に表現。

 「雑誌の撮影は本当に久しぶり。だから密かに、結構気合を入れて体を整えてきました(笑)」という言葉どおり、すらりと伸びた脚、すべやかな背中、薄く割れた腹筋など、身につけた衣装からのぞかせるその体は、女性らしい柔らかさと、そぎ落とされたしなやかを併せ持つ美しさが際立っていた。

 撮影後に行われたインタビューでは特集テーマ「心とカラダの整え方」に沿って、コロナ禍の中、食事、運動、服選びなど、生活リズムを整えるために心がけていることからスタート。
心の整え方についての話の中では、デビュー当時、次から次へと舞い込んでくる仕事に対して前向きになれなかったこと、そこから考えを改めるようになれたきっかけ、さらには、話題は普段は語ることがないという佐々木さんのプライベートにまで及ぶ。

 インタビュー時間は都合4時間。「仕事も家族も、愛を持って接するからこそ、いいものが生まれると信じています」。「今回のことがあって、周りのみなさんに私はどれだけ愛されているのかが、本当によくわかった」。
「経験は、糧にしないともったいない。その一つとして、今回私が注いでもらったような愛情を、これから先、いろいろな人に返していきたいと思っています」など、
にこやかに、けれど、ひとつひとつ、丁寧に言葉を選びながら語った内容は、仕事仲間やスタッフ、家族、そして自分自身への惜しむことのない愛情にあふれており、インタビューチームも思わず感涙してしまったという。

(おわり)

佐々木希が表紙を飾った9月2日発売の『anan』2215号(マガジンハウス)

(出典 amd.c.yimg.jp)

誌面に掲載される佐々木希のカット

(出典 amd.c.yimg.jp)


【【佐々木希】『anan』表紙に登場 大人女性の“完璧ボディ”披露 【芸能・ニュース】】の続きを読む


渡部 建(わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優
25キロバイト (2,951 語) - 2020年8月1日 (土) 02:20



(出典 static.chunichi.co.jp)


今堂々と3人で歩くのは違和感を覚えるなぁ
自分が変なのかなぁ・・・

1 ひかり ★ :2020/08/05(水) 21:09:58 ID:CAP_USER9.net

 長い梅雨が明け、ようやく晴れ間が見えた8月上旬の早朝。都内の高級住宅地に、小さな子供を挟んで、“手つなぎデート”を楽しむ夫婦の姿があった。

 男性の手は子供の右手と、女性の手は子供の左手とギュッとつながれており、時折、子供は両足を浮かせ、ブランコのように体が揺れるのを楽しむ。「もういっかい」と子供がねだり、夫婦は息を合わせて子供を持ち上げる――。ドラマに出てくるような“幸せな夫婦”は、アンジャッシュ・渡部建(47才)と佐々木希(32才)だった。
 ふたりは2017年10月に結婚し、翌2018年2月には第一子の男の子が誕生。順風満帆に見えたが、今年6月に渡部が複数の女性と不倫関係にあったことが発覚。しかも「多目的トイレでの性行為」「女性に1万円を渡し、都合よく扱う」などの詳細が報じられ、大バッシングを浴びたことは記憶に新しい。
 一連の報道により、渡部の仕事はゼロに。収入が途絶えただけでなく、CMの降板で多額の違約金が発生するとみられ、大きな“ツケ”を払うことになった。
「不倫騒動以前、渡部さんには3本のCM契約がありました。その中には外資系商品もあり、特に違約金の額が大きくなる可能性があります。レギュラー出演していたテレビ番組の再収録費用などと合わせると、賠償額は1億円を超えるともいわれています」(大手広告代理店関係者)
 渡部が背負う十字架は金銭面だけではない。パートナーにも多大な迷惑をかけた。
 7月30日、新CMの発表会に登場した相方の児嶋一哉(48才)は、コンビの今後について、「まだ何も決まっていない。復活できないかもしれない」と心境を明かした。
 最も深く傷ついているはずの妻の佐々木は、
《この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ございません》
 と謝罪コメントを出し、「離婚しない」道を選択した。さらに、雲隠れした渡部とは対照的に、騒動後も間を置くことなくレギュラー番組に出演し続けている。
「夫の不貞が報道され、悲しさと恥ずかしさで外も歩けないほどの気持ちだったのではないでしょうか。そんななか、収録時には周囲のスタッフに気をつかわせないよう明るく振る舞っていたとか。いま、佐々木さんの“覚悟”を評価する業界関係者も多い」(テレビ局関係者)
 冒頭、子供を介してギュッと結ばれた手は、その絆の強さをうかがわせた。
※女性セブン2020年8月20・27日号

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200805-00000012-pseven-ent


(出典 www.news-postseven.com)


(出典 www.news-postseven.com)


※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596619793/


【【渡部建&佐々木希】好感度アップ? 親子3人で手つなぎ散歩で仲睦まじい姿見せる・・・【芸能・ニュース】】の続きを読む


佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
52キロバイト (6,430 語) - 2020年6月18日 (木) 12:21



(出典 biz-journal.jp)


確かに佐々木さんは応援したいけど
それってつまりこの夫婦を応援するってことになるのかな
正直夫のほうは応援したくないのだが…

1 ひかり ★ :2020/06/29(月) 22:47:55.84 ID:qFAQBmyZ9.net

 女優の佐々木希(32)が29日、複数女性との不倫スキャンダルで活動を自粛した夫でお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)の騒動について謝罪した12日以来
インスタグラムを更新した。コメント欄には「応援してます」と励ましの声が多く寄せられた。

 佐々木は「今夜22時~#所JAPAN」と、自身が出演するフジテレビ「所JAPAN」(月曜後10・00)の衣装を紹介。笑顔の写真を投稿した。

 久々の更新にフォロワーらは「更新ありがとう!ずっと応援してます」「希ちゃんの後ろにはみんながついてるよ」「笑顔が見れてよかった」
「おかえりなさい!心から応援しています」と応援のコメントが殺到した。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/089c08d0504a18a7d971391eb66b90fcb16ffe2a

(出典 www.sponichi.co.jp)


【【複雑】佐々木希 渡部不倫謝罪以来のインスタ更新、応援の声殺到 【芸能】】の続きを読む


工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。 夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉。長女はフルート奏者、モデルのCocomi、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。
56キロバイト (4,138 語) - 2020年6月7日 (日) 04:13



(出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


面白い結論ですね(^^♪
個人的には辻ちゃん一択のように思いますが…

1 鉄チーズ烏 ★ :2020/06/29(月) 07:00:25.94 ID:IcDY3z5M9.net

(略)

■そもそもママタレとは何?

 ママタレとは文字通り、ママであることで売れているタレントのこと。ただ、最初からママタレだったわけではない。結婚して出産してもタレントでありたい人たち。つまり、欲張りな目立ちたがり屋が多かったりする。

 その先駆けが、松田聖子だろう。ひとり娘(神田沙也加)を出産してしばらく、彼女は「ママドル」と呼ばれた。その生き方は前時代の女王・山口百恵と対照的で、時代を先取りするものでもあったが、現在の「ママタレ」とはちょっと違う。

 たとえば当時、海外での仕事から帰国して娘を見た聖子は「すごく大きくなっていてビックリしました」などと言っていた。つまり、あくまで芸能活動が優先であり、ママであることで売れていたわけではないのだ。トップアイドルが同時にママでもあるというギャップが面白がられるという、特殊な存在だった。

 その後もママタレ的な人は登場したが、やはり特殊な存在だった。三浦りさ子や三田寛子、あるいは花田(現・藤田)憲子のように、もっぱら有名な夫や子供を持つ人が家庭の話もすることで話題になるというレベルにすぎなかったのである。

 それを一変させたのが、SNSという文化の浸透だ。まずは辻希美のような、ネット慣れした若手のタレントがブログなどで家事や育児の情報(というか、身辺雑記)を発信。プライベートが仕事になる、という新たな状況が生まれた。

 この状況に対し、ネットに疎かった昭和アイドルも喜び勇んで乗っかっていった。こうして、誰でもママタレ、という時代が始まるわけだ。

 しかし、ママでもあるタレントなどいくらでもいる。すぐに飽和状態に達し、潰し合いが起きることに。いわば、「ママタレバトルロワイアル」である。

 もっとも、その潰し合いは直接対決によるものではなかった。それぞれがスキャンダルを起こすなどして、足を引っ張り合い、ママタレ自体の価値を下げていった感じだ。

 というのも、ママタレの評価というのは減点法であって、加点法ではない。そもそも、その好感度は仕事の実績プラス結婚出産のご祝儀によるものなのだ。芸能界でそこそこ成功して、プライベートも幸せそう、というところが憧れをかきたてるわけで、不幸があれば好感度は目減りしてしまう。

 その不幸には、夫に不倫されるとか、自分が病気を患うといったものも含まれる。その場合も、同情はされるものの、憧れの存在からは一段降りなくてはならない。杏も佐々木希も、あるいは堀ちえみも気の毒だが仕方ないことだ。

■最後に生き残るのは誰?

 また、欲張りで目立ちたがり屋が多いママタレはスキャンダルにも見舞われやすい。そのキャラが仇になって、トラブルが生じがちだからだ。木下優樹菜のタピオカ恫喝騒動は、その典型といえる。

 そんな木下がそうであるように、ママタレには性格のきつい人も多い。一見、そうは見えない小倉優子なども、ぶりっこキャラで上手くカムフラージュしてきたとされる。それが奏功して『好きなママタレントアンケート』(オリコン・モニターリサーチ)では'17年、'18年と連覇を達成。連覇した際には、

《怒ることもあります。なんか“北風と太陽”の“太陽”みたいなお母さんになりたいと、日々思っているんですけど、“北風”みたいこともするので……》

 と、笑顔で語っていたが──。今年3月、再婚2年目の夫との別居が発覚した。夫に対し「人間が小さい!」と罵倒していたとの報道も出て、根っから「北風」タイプだったことが明るみになってしまう。

 とまあ、ママタレとしての好感度を維持し続けることはなかなか難しい。まして、マイナスイメージだった人がママタレとなることで再浮上することなど不可能だろう。矢口真里やベッキーが出産しても憧れをかきたてる存在になれないのはそういうことだ。

 そんななか、ママタレブームは完全に終焉して「そして誰もいなくなった」ということになるのだろうか。いや、好きなママタレランキングの上位にはランクされなくても、存在感を発揮し続ける人がいる。

 工藤静香だ。

 アンチも多いとはいえ、夫・キムタクが復調し、娘のCocomi&Koki,姉妹が注目を浴びる今、なんだかんだ言ってリスペクトしている人もいる。ママの輝きは、夫や子供の出来にも左右されるものなのだ。ママタレバトルロワイアル、最後に生き残るのは結局この人だったりして──!?

(全文はソースでご確認下さい)


宝泉 薫(作家・芸能評論家)
2020/6/29
https://www.jprime.jp/articles/-/18265?display=b

(出典 jprime.ismcdn.jp)


【【驚愕】佐々木希も消えた「ママタレバトルロワイアル」それでも生き残る最強王者 とはwwwwwww【芸能】】の続きを読む


佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
52キロバイト (6,430 語) - 2020年6月18日 (木) 12:21



(出典 amd.c.yimg.jp)


すごいですね
ただ果たして更生させることはできるでしょうか?
根本的な問題ですよこれは

1 ばーど ★ :2020/06/25(木) 12:19:55.70 ID:tYBqll7G9.net

複数の女性と密会し、六本木ヒルズの「多目的トイレ」に女性を呼び出して事に及ぶなど、壮絶な不倫劇が発覚したアンジャッシュ・渡部建。

そんな渡部の“今の心境”を6月25日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じ、ネット上では驚きの声が上がっている。

同誌は渡部に直撃取材した内容を掲載。「多目的トイレ」を使って密会したことに対する懺悔の弁や、妻・佐々木希への思いが語られるなど、計4ページにわたる取材記事となっている。読みごたえのある内容なので是非本誌をご覧いただきたいが、その中でも注目すべきは、佐々木から浴びせられたという辛辣な言葉だろう。

渡部は、佐々木に対して謝罪と感謝の言葉を述べているが、その中で妻から「調子に乗って生きている」との指摘を受け、今後は「誠実に、謙虚に、反省しながら生きていく人生にしていかなければならない」と諭されたそう。渡部に対して怒りを露わにしつつも、どうにかして「更生させてやる」という佐々木の慈悲深さも垣間見える。

「あまりにゲスすぎる不倫内容に、さすがに佐々木も渡部に見切りをつけるだろうと見る向きもありましたが、このインタビューを読む限り、彼女には離婚の意志がまったくない。それどころか、渡部に対する深い愛情がヒシヒシと伝わってきました」(芸能ライター)

この報道を受け、ネット上では「佐々木の懐の深さに感服」「これだけ騒ぎになっても離婚しないとか……」「ものすごい度胸だわ」と早くも反響を呼んでおり、佐々木の好感度はこれまで以上に高くなっていきそうな勢いだ。

「仮に今後も夫婦生活を続けていくとなれば、ネックになるのは収入源。現状、渡部の芸能界復帰は極めて厳しいため、しばらくは佐々木が“一家の大黒柱”にならないといけない。独身時代はモデルのほか、女優としても活動していましたが、現在はお子さんがいることもあり、なかなか本調子とはいかないはず。

今回の件は佐々木にまったく非がないので、上戸彩の『半沢直樹』の撮影現場ではありませんが、子どもが小さくても大丈夫な環境を積極的に整えてくれるテレビ局なり企業が現れるといいんですが……。

以下ソース先で

2020.06.25 エンタメガ
https://entamega.com/43284

■関連スレ
【文春】佐々木希「あなたは舐めている」 [ばーど★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593052252/
【週刊文春】 渡部建が独占告白 「今でも妻を愛しています」★7 [ひかり★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593051310/


【【更生】佐々木希「怒りの𠮟責」「調子に乗っている。反省しながら生きていく人生にしていかなければならない」【芸能】】の続きを読む


渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、Youtuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。なお、「健」は誤り。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務め
25キロバイト (2,940 語) - 2020年6月23日 (火) 05:41



(出典 news.nifty.com)


つくづく性格悪いなぁ
取材では話してるがもう公の場には出てこれないのかな?

1 名無し募集中。。。 :2020/06/24(水) 16:14:33 ID:0.net

https://bunshun.jp/articles/-/38615

「週刊文春」6月11日発売号が報じた「アンジャッシュ」渡部建(47)の不倫疑惑。6月16日、渡部が「週刊文春」の取材に応じ、不倫疑惑に加え、
妻で女優の佐々木希(32)、相方・児嶋一哉(47)への思いを明かした。

 取材現場に黒いスーツ、ネクタイ姿で現れた渡部。時折言葉を詰まらせながらも、NGの質問は一切なく、取材時間は90分に及んだ。

取材に同席した所属事務所「人力舎」の玉川大社長が振り返る。

「渡部が直撃取材を受けたとマネージャーから聞いて、(不倫スキャンダルを起こした)他の方々がやってきていることと同じようにするしかないと思っていました。
芸人だからいじられて、なんなら(相方の)児嶋一哉が『俺じゃねえよ!』と言うとか、いろんな形を想像していた。その後、事務所に紙(質問状)が届き、
『多目的トイレ!? えっ、これ気持ち悪ぃじゃん。種類が違うじゃん』って考えを改めたんです。それで自粛という形に腹が固まった」

渡部は「週刊文春」が報じた複数女性との関係について次のように語った。

「思い起こせば、独身時代はとにかく独身をとことん謳歌しなくてはと思い、好き勝手に過ごしていました。妻と知り合ってから安全な遊び方を知り、そこから
抜け出せなかった。彼女たちに対しては気持ちのないまま接していたし、気持ちの上で浮ついたことはありませんでした。僕は今でも妻を愛しています」

佐々木の反応についても明かした。

「今まで浮気が妻にバレたことは一度もありませんでした。記事を見て、妻は失望していましたね。怒りもあるし、呆れもあるし。仕事も増え、自分の描いた
ビジョン通りに物事が運んでいったことが慢心を生んでしまった」


(出典 i.imgur.com)


【【激白‼】渡部建が独占告白「今でも妻を愛しています」文春オンライン【芸能】】の続きを読む


佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
51キロバイト (6,400 語) - 2020年6月15日 (月) 04:13



(出典 stageonthenews.com)


渡部さんには本当に心を入れ替えてほしいですね

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/16(火) 23:35:01 ID:a0xPLev09.net

 複数女性との不倫スキャンダルで活動を自粛したお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)の妻で女優の佐々木希(32)が15日、都内でフジテレビ系のレギュラー番組「所JAPAN」(月曜後10・00)の収録に臨んだ。

 渡部が9日にテレビ各局へ出演自粛を申し入れ騒動に発展して以来、佐々木はこれが初仕事。関係者によると、新型コロナウイルスの感染拡大対策として、収録中以外で出演者やスタッフと接する機会は極めて少なかったが「お騒がせしています」と頭を下げ、励まされていたという。収録は番組2本分で約6時間に及んだ。

 佐々木は12日に自身のインスタグラムで夫に代わって謝罪。渡部とは別居せず、不倫の事実関係について一つ一つ説明を受けながら今後に向けて話し合っている。関係者は「佐々木さんは大きなショックを受けているが、1歳の子供の存在もあることから、すぐに離婚ということはなさそうだ」と現状を明かした。

https://news.livedoor.com/article/detail/18421949/

2020年6月16日 4時30分
(出典 image.news.livedoor.com)

スポニチアネックス

前スレ 2020/06/16(火) 05:42
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592253723/


【【応援‼】佐々木希、夫・渡部の出演自粛騒動後、初仕事 スタッフらに頭下げ謝罪【芸能】】の続きを読む

このページのトップヘ