オスカー


剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談し、4年生の時に芸能事務所に入った。7歳
62キロバイト (7,899 語) - 2020年8月29日 (土) 17:10



(出典 amd.c.yimg.jp)


まぁこれは時間の問題でしたかね

1 ひかり ★ :2020/08/30(日) 01:54:21 ID:CAP_USER9.net

 女優の剛力彩芽(27)が、近く所属事務所「オスカープロモーション」を退所する方向で事務所と話し合いを進めていることが週刊新潮の取材で分かった。
 すでに代理人弁護士を立てて事務所に退所の意向を示しているという。近く合意する見通しとのことだが、8月29日、オスカーの古賀誠一会長は「まだ結論は出ていないのでお答えできません」と述べるのみ。しかし、剛力の退所の意向は強いという。

 関係者によると、事務所としては引き止めないとのこと。剛力の知人曰く、

「彩芽は、尊敬していた米倉涼子さんが今年4月に独立したことに大変ショックを受けていました。次々とオスカーからタレントが独立していくなかで、事務所に残り続けることに不安を抱えるようになった。退所を決心したのはつい最近で、独立後も、今年3月に設立した個人事務所『ショートカット』を足がかりに芸能活動を続けていくつもりです。彼女は独立の意志が固く、そのため弁護士を入れているのです」

 米倉涼子をはじめ、忽那汐里、岡田結実、長谷川潤、ヨンアなどの有力タレントの退所が相次いでいるオスカー。「美の総合商社」といわれる大手事務所が、泥舟となりつつある実情を裏付けた格好だ。当の剛力は8月末で契約満了を迎えるというが……。9月3日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

週刊新潮WEB取材班

2020年8月30日 掲載
新潮社

https://news.yahoo.co.jp/articles/91807ff7148158af592e340f326da5c539276b8b


【【剛力彩芽】オスカー退社へ 所属タレントの相次ぐ退社に不安か 【芸能・ニュース】】の続きを読む


小田 (おだ あかね、1978年11月6日 - )は、日本の元女優。身長164cm。血液型A型。元オスカープロモーション所属。栃木県真岡市出身。日出女子学園高等学校(現・目黒日本大学高等学校)卒業。 出身地に隣接する上三川町の小学校に在学中の1990年に第4回全日本国民的美少女コンテスト(オスカー
13キロバイト (1,622 語) - 2020年8月12日 (水) 02:24



(出典 beef-6.jp)


あらら、いつの間にかそんなことになっていたのですね・・・

1 湛然 ★ :2020/08/12(水) 05:15:30.54 ID:CAP_USER9.net

国民的美少女・小田茜2年前に離婚していた オスカーもすでに退社していた
2020年8月12日 5時0分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20200811-OHT1T50385.html
離婚と事務所退社が明らかになった小田茜

(出典 hochi.news)



 女優の小田茜(41)が2008年に結婚した航空会社勤務の男性と離婚していたことが11日、スポーツ報知の取材で分かった。また今年4月をもって所属事務所のオスカープロモーションを退社していたことも判明した。

 一世を風靡(ふうび)した国民的美少女が、公私ともに新たな道へと踏み出していた。小田は2008年7月、8歳年上で大手航空会社でパイロットを務める男性と結婚。10年には長男も誕生した。その後、夫の勤務先の北海道で暮らしていたが、小田を知る関係者によると、2年ほど前に夫婦の価値観の違いから離婚。長男は夫側が引き取ったという。小田は北海道を離れ、最近は都内で生活しているとみられる。

 小田は90年に「第4回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞。当時、小学6年生ながら大人びた顔立ちで“第2のゴクミ(後藤久美子)”と話題になった。91年にはドラマ「先生のお気に入り」(TBS系)で中学生ながら高校生役を演じた。

 02年の昼ドラ「ピュア・ラブ」では修行僧との純愛を貫く主人公の小学校教師を演じるなど、オスカーの看板女優として活躍。だが結婚・出産後ここ数年は目立った活動もなく事実上の活動休止状態に。事務所関係者によると、今年4月で契約が満了となり、約30年所属した事務所を離れたという。

 オスカーでは昨年から今年にかけて米倉涼子(45)、岡田結実(20)、ヨンア(34)、長谷川潤(34)ら女優、モデルの退社が相次ぎ、今月末にはタレントの堀田茜(27)が退社する。

 ◆小田 茜(おだ・あかね)本名同じ。1978年11月6日、栃木県生まれ。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【国民的美少女・小田茜】現在がとんでもない事になっていると話題に・・・【芸能・ニュース】】の続きを読む


堀田 (ほった あかね、1992年10月26日 - )は、日本の女性ファッションモデル、女優、タレント。CanCam(小学館)専属モデル。オスカープロモーション所属。東京都出身。 2009年、第12回全日本国民的美少女コンテストの本選出場をきっかけにオスカープロモーションに所属。 2011年、立教大学文学部フランス文学専攻に入学。
27キロバイト (3,237 語) - 2020年8月5日 (水) 22:42



(出典 img.fumumu.net)


もう主要メンバー数えるくらいしかいないかも・・・

1 湛然 ★ :2020/08/06(木) 05:03:39.91 ID:CAP_USER9.net

堀田茜、オスカープロモーション退社 8月いっぱい 関係者「方向性の違い」
8/6(木) 5:00 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/aaec523320e2e3ef1723ea5f75a9ed83a68a380a
堀田茜

(出典 news-pctr.c.yimg.jp)



 女性ファッション誌「CanCam」の専属モデルで女優としても活躍する堀田茜(27)が今月いっぱいで所属事務所「オスカープロモーション」を退社することが5日、分かった。

 関係者はスポーツ報知の取材に「8月が契約更新のタイミング。方向性の違いですね。約10年間、所属したことで、視野を広げたくなったのでしょう」と語った。同社所属のモデルだった母親の紹介もあり、16歳で国民的美少女コンテストに出場して芸能界デビュー。日テレ系バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」でも注目されている。同社では昨年から忽那汐里(27)、草刈民代(55)、米倉涼子(45)、岡田結実(20)らが相次いで退社している。

(おわり)


【【堀田茜】8月いっぱいでオスカープロモーション退社 米倉以降離脱の連鎖【芸能・ニュース】】の続きを読む


藤田 ニコル(ふじた ニコル、Nicole Fujita、1998年2月20日 - )は日本のファッションモデル、タレント、YouTuber。 ニュージーランド出身。オスカープロモーション所属。第13回ニコラモデルオーディショングランプリ。元EMMARY初代編集長。『ViVi』専属モデル。現在は東京都在住。
22キロバイト (2,471 語) - 2020年6月27日 (土) 07:04



(出典 amd.c.yimg.jp)


なにかと問題多いですね・・・

1 鉄チーズ烏 ★ :2020/08/05(水) 21:29:51 ID:CAP_USER9.net

エンタメ 芸能 週刊新潮 2020年8月13・20日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/08051700/?all=1

(出典 www.dailyshincho.com)


 日本を代表する芸能事務所「オスカープロモーション」が揺れている。昨年末以降、米倉涼子、岡田結実、忽那汐里ら看板タレントの退社が相次いでいるが、今度は藤田ニコル(22)の名が浮上。現在、ギャラを巡り、母が弁護士を立てて事務所と交渉しているというのだ。

 ***

 さる芸能デスクによれば、藤田の売り上げは年間2億円以上。子育て中の上戸彩や武井咲に代わり、オスカーの稼ぎ頭になっているのは間違いないという。ギャラは歩合制だというが、

「もともとニコルとオスカーの取り分は仕事の紹介手数料込みで7:3でした。しかし、彼女の仕事が多忙を極め、マネージャーや運転手の人件費が嵩むようになったことで、事務所側が取り分を増やそうとした。これに彼女の母親が怒ってしまった。母親は弁護士を立てて事務所と交渉を続けていますが、今後は個人事務所を立ち上げることも視野に入れている。もし、折り合いがつかなければ独立も有り得る状況です」

 母と事務所の対立は、今年2月の週刊新潮でも報じている(「藤田ニコル、ギャラめぐり母が事務所と対立 現場から姿消す」記事参照)。関係悪化によって、マネージャー的な役割も果たしていた母は、現場に姿を現さなくなったという。

 藤田本人はどう答えるか。直撃取材に「あんまり喋ると怒られちゃうので……」と言いつつも、事務所との“銭闘”疑惑について口を開いた。

「そんなに大げさな話じゃないんですよ。確かに、お母さんと会社が何度か話し合いをしているのは本当ですけど。でも、揉めてるってわけじゃなくて、ギャラとか契約とかをもっとイイ感じにしていこう、と……」

 気になる“独立”については、次のように否定する。

「全然、全然! そんなことないです。もちろん、一生いまの会社にいるかは分かりませんけど、いま辞めるとかは考えてません。そこは大丈夫です!」

 苦境にある事務所を気遣ってか、最後まで笑顔で取材に応じてくれた藤田。

 8月6日発売の週刊新潮では、次に独立が噂される所属タレントリストを含め、“帝国崩壊”と言われるオスカー内部で何が起こっているのかを詳報する。


【【またオスカー】藤田ニコルも独立? ギャラ問題に母参入・・・ 【芸能・ニュース】】の続きを読む

このページのトップヘ